ブログ

新年おめでとうございます!

高3生・浪人生にとっては、泣いても笑っても後二週間。年越しの瞬間は机で迎えたなんて生徒も多いのではないでしょうか。

残りの期間の過ごし方、本番を最高の状態で迎えるために、出来る限りの事をしましょう。

「本番に強い」というのは生まれつきの資質では無く、訓練や意識により作り上げるものです。

本番まで一か月を切ったら、受験本番に合わせたルーティンを作り上げましょう。出来ればこれからは、毎日同じタイムスケジュールで生活してほしいと思います。
就寝時間・起床時間、食事の時間も本番に合わせ体内時計を正確にするだけでなく、試験時間に合わせて60分や80分で一コマの勉強時間を正確に測り、時間感覚をしみこませましょう。

ベストを尽くす、言うは易しですが、その時の意識だけで尽くせるほど簡単なものでは有りません。

準備を怠らず、生徒たちが本当の意味でベストを尽くし、笑顔の一年になることを心から願います。

新年おめでとうございます!

関連記事

  1. 世界の~主義を理解する➁政治は誰がやっても同じ・・なワケ無い!(…
  2. HOMEが心掛けている5つのこと
  3. 今後の社会で必要とされる人材
  4. 何故暗記科目「こそ」家庭教師が必要なのか
  5. (受験生必見!)近代史を超速で概観する③近代の正体
  6. 漫画家になりたい!
  7. 記憶の仕組みと学習法の重要性
  8. 日本語との対応で覚えられるお得な前置詞たち
PAGE TOP